• Home
  • クオリティ

クオリティ

Quality

デザインだけじゃない。
確かな品質。熱い思い。

構造について

木造軸組工法の採用 

ジェイベースでは木造軸組工法を採用しています。
木は優しさやぬくもりを感じさせてくれるほかにも、鉄やコンクリートよりも強いという性質を持っています。
日本の住まいはもともと、木の文化に育まれた木造建築技術とともに進歩してきました。
日本の気候風土に最適な工法として建築の達人たちに受け継がれてきたこの工法は、耐久性・安全性にすぐれ地震や災害に強いなど多くの特徴があります。

住宅性能表示制度7項目で
最高等級に対応可能

住宅表示は、家を建てる人が高品質の住宅を安心して取得できることを目的に設定された法律です。
これにより、従来分かりにくかった住宅の性能を共有のものさしで客観的に評価比較できるようになりました。
ジェイベースの家は、この住宅評価制度において「耐震等級」をはじめ、
「劣化対策等級」「維持管理対策等級」「ホルムアルデヒド発散等級」「省エネルギー等級」など7項目で最高等級に対応が可能です。
地震や省エネルギー性に優れた住宅を実現しています。

※1.建設地、ご希望のプランや仕様により別途費用が必要な場合があります。
 2.建設地、ご希望のプランや仕様により最高等級とはならない場合があります。
 3.住宅性能評価制度利用の場合は申請手続きが必要となります。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

耐震等級最高ランクの構造体

ジェイベースでは耐震等級最高ランクの構造体を採用し、強い耐力と安定した強度を確保しています。
※設計プランによっては最高ランクにならない場合があります。

耐震等級最高ランクを全棟確認

建物は、全体のバランスが悪いと、地震などの衝撃にもろい構造となる危険性があります。このバランスを示す指標が偏心率で、その数値が小さほどバランスのよい建物といえます。ジェイベースでは、建物の重心と剛心(強さの中心)の差をコンピューターで綿密に計算し、プランごとに一棟一棟確認。
偏心率が小さくなるよう、耐力壁を適切な場所にバランスよく配置しています。

床下全体を換気し、腐食を防ぎ、
シロアリの発生原因をカット

床下換気には基礎パッキンを採用。
床下のすみずみまで風を行きわたらせることにより、シロアリの発生を未然に防ぎ、建物の耐久性を向上させます。

木が持つ本来の強さを活かした家づくり

同じ重さで木と他の材料を比較すると圧縮強度でコンクリートの約10倍、引張強度は鉄の4倍、コンクリートの約200倍以上もあります。
さらに、鉄やコンクリートのように経年変化とともに強度が低下する無機質な素材と違い、木は乾燥した状態を保つことで大変長持ちします。

火にも強い木

一般的に木は火に弱い素材と考えられていますが、加熱実験では、木は鉄やアルミよりも強度低下が遅いという結果が出ています。
木はある程度以上の厚みがあれば、いったん燃えると表面が焦げて炭化層を形成。
これによって内部まで火が進行せず、強度が低下しにくい性質とあいまって、万が一火災が発生しても燃え進むまでに時間がかかり、結果的には構造体も残りやすくなります。一方、鉄は火災時レベル(800℃以上)の熱を受けると急激に強度が低下、変形してしまいます。

強さが長持ちする、すぐれた耐久性

代表的な建築材であるヒノキについて試験した結果、ヒノキの曲げや圧縮の強さは、伐られた日から強さを増し始め200年後には約30%近く強くなることが解っています。その後少しずつ低下し1,000年後に新材と同程度の強度になるといわれています。
木は腐朽しないかぎり、驚異的な耐久性能を発揮する素材と言えるでしょう。

専門の職人によるハンドメイド

私たちが使う素材は、森から切り出した天然の木材を使います。地球からいただいた資源を使っているということです。
その限りある資源を大切に使い、職人の手で丁寧につくります。ジェイベースでは工程ごとに、専門の職人がハンドメイドで物づくりを行います。ひとつひとつ職人が魂を吹き込んでいくといっても過言ではありません。この手作業が家の仕上がりを左右し、大量生産品にはないような家を生み出します。

湿気対策

結露の発生を防ぐ通気工法

湿気対策の中で特に重要なのが、壁体内結露の防止です。壁体内結露とは、室内外の温度差によって生じる湿気で木造住宅を劣化させる大きな原因のひとつです。そこで、外壁の内側に高性能な透湿防水シートを張り、さらにその外側に通気層を設ける通気工法を採用。壁体内を風通しのよい状態に保ち、軒天部から常に湿気を放出することで結露の発生を防いでいます。

省エネ性能

ウレタンフォームスプレー断熱工法の採用

ミニマムエネルギーをかなえるために、ジェイベースではウレタンフォームスプレー断熱工法を採用しています。吹付け発泡により隙間なく施工でき、末永く高気密・高断熱性能を維持。エネルギーロスを防いで冷暖房効果を高めるとともに結露やカビなどの悩みも解消します。さらに24時間換気システムを設置して室内に新鮮な空気を送り込み人と地球に優しい家づくりを実践しています。

家づくりに対する熱い想い。

私達大工は、家作りが好きだという思いが力になると信じ、
ひたむきに修行を積んできました。
今まで経験してきた、1棟1棟が自信に繋がっています。
ここまで作り上げたのは、人生そのもの。 
これからも真摯な気持ちで家作りに向き合い、お客様の家作りに情熱を注ぎます。

DAIKU's voice

佐藤 文章

一生に一度の家づくりに関われるのが嬉しい

祖父も父も大工だったこともあり、小さい頃からものづくりが好きでこの道に入りました。
家づくりは図面から少しずつ形にしていくプロセスが楽しく、何よりお客様の一生に一度の大きな買い物に関われることにやりがいを感じます。
住まいは、暮らしの基礎となって家族を支えるもの。そんな大切な家づくりに関われることは、大きな喜びでもあり、誇りでもありますね。

山口 銀次郎

枠にとらわれず、常に新しいチャレンジを

J-BASEは、いろいろなことにチャレンジできる可能性があります。
住宅業界という型にとらわれることなく、みんなで新しいルールを作っていける楽しさがあります。
自分自身についても、大工という技術の習得だけにとどまることなく、建築士など知識のスキルアップにも挑戦していきたい。社員それぞれの成長が良い家づくりにつながるように、頑張っていきたいです。

渡辺 絢祐

先を読みながら、一つひとつ確かな仕事を

家づくりはチームワークです。
様々な部署の仲間と力を合わせ、お客様に喜ばれる住まいをお届けできた時は大きな達成感があります。
そのために必要なのが、先を読む力。先の先の段取りを逆算しつつ工程を組んでいくことは、とても神経を使いますが、確かな仕事につながります。常に学ぶ姿勢を忘れず、日々腕を磨くこと。
それが私にとっての終わりのない目標です。

普段はあまり見る事の出来ない、
家づくりの現場や大工さんの素顔を紹介します!

素材・品質について気になることは何でも
お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム